読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前に進めたと思えるまで続けるブログ

2017年2月から、前に進むために七転八倒、試行錯誤。前に進める日まで書き続ける記録

人の心の状態に影響を受けすぎない

アドラー心理学を少しネットでみてみた。

 

自己価値が低く感じてしまうのは、評価の基準を他人からの評価に

置いてしまっているから。

 

それをもっと別の言い方でいうと、他人の顔色や表情、その日の態度で

「この人は私についてこう思ってる」「嫌われているに違いない」

「怒らせてしまった」などと他人の状態から考えてしまい、

その必要はないのに、自分で自分を責めてしまうこと。

 

私、これがかなりあてはまる。

 

子供の頃は、親の顔色。

学校に入ると、親しい友達の顔色。

大人になると、恋人の顔色。

 

顔色を勝手に判断して、思い込んで、決め付けて、自分を暴走させてしまう。

極めつけは、自分からキレてしまうこと。

「そんなんならもういいよ」「どうせそう思ってるんでしょ!」と

あたってしまう。

 

これも手放したい状況のひとつ。

 

自分の評価は、自分が決めていること。