読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前に進めたと思えるまで続けるブログ

2017年2月から、前に進むために七転八倒、試行錯誤。前に進める日まで書き続ける記録

それでも期待してしまうし、縋ってしまう

他人への期待は、結果的に自分を苦しめる、ということがもうよーくわかったはずなのに、それでも期待して、縋って、また自分が疲れてしまう。

 

そもそも、「一切の期待を相手にしない」状態で人間関係なんて築けるんだろうか。ある意味、相手に失礼な気もするし、人間関係を築くモチベーションがひとつ足りないんじゃないか、と思う。

 

そんな風に正当化もしつつ、結局他人への期待を捨てることができていない。

 

ここで白黒思考がムクムクと現れて、「期待して裏切られるのが嫌なら、もう誰も信用しなきゃいいじゃない」と決め付けが始まる。

 

期待を裏切られるのは悲しい。辛い。苦しい。

嫌だから、それから目をそらしたい。

そうならないようにするにはどうしたら?の結論のところで、

「ならば誰も信用しなければいい」と私の場合行き着いてしまう。

 

すると今度は、「結局一生一人ぼっち」という思いから自分を解放できない。

 

悪循環から抜け出したい。

楽になれればもうどうでもいい。